2008年04月25日

退職金について

「退職金について」

退職金の支給については、日本においては広く行き渡っている制度であるが法定された制度ではなく、退職金制度を設けなくても違法ではない。最近は退職金制度を導入していない、もしくは退職金制度を廃止した企業が増加傾向にある。しかし、就業規則に退職金の規定を設けた場合は、賃金の一部とみなされ、請求があった場合は支給しなければならない(この場合は、企業が倒産した場合、退職金についても、未払賃金の立替払事業の対象となる)。近年は退職金制度の廃止、選択制をとる企業がある(主要な企業における廃止例としてワタミなど、選択制例として松下電器産業などがある)。

なお、就業規則に退職金についての規定を設ける場合は、適用される労働者の範囲、退職手当の決定、計算及び支払の方法並びに退職手当の支払の時期に関する事項を設けなければならない(労働基準法第89条第3号の2)。

退職金の支給方法については、一時払いによる支給が多いが、年金払いにより支給されることもある。

金額は、主に退職日における勤続年数と職能に応じて算定されるが、勤続年数が長いほど、そして職能が高いほど高額になる。なお、支給額は企業ごとに就業規則により決められているため、同じ勤続年数でも、企業や業種によって金額には開きがある。また、退職事由によっても支給される金額が異なることがあり、懲戒解雇・諭旨解雇などの場合、支給されないか減額されることがある。

公務員においては、退職手当と称されることが多く、国家公務員においては法律(国家公務員退職手当法)により、地方公務員においては各地方公共団体の条例により退職手当の決定、計算及び支払の方法並びに退職手当の支払の時期に関する事項などについて規定されている。

なお、臨時的任用を受けた職員は1年以内でその期間が終了するため(複数年勤務している場合でも年度ごとに退職・再契約を繰り返している)、契約が終了するたびに退職手当が支給される。ただし非常勤職員には退職手当が適用されない。

退職金には退職所得として所得税と住民税が課せられる。(ただし、税率は通常の給与よりも低い率になっている)
出展:フリー百科事典wikipediaより
ラベル:退職金
posted by 書き方入門 at 05:25| Comment(0) | TrackBack(2) | 退職金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月19日

退職届けは自分で書く?

退職願いの書き方で迷うのが退職願いを手書きにするのか、
プリントアウトしたものにするのかということです。

退職願いを受け取るのは上司や会社役員ですが、
欧米のようにプリントしたもので十分であると考える人もいますし、
手書きで書く方が丁寧だと思うという人もおり、
一概に「どちらが正しい」とは言い切れません。


退職願いを手書きにするのであれば、便せんかA4の紙に黒か青のペンを使って書きます。この時一般的に縦書きになります。

退職願いの封筒や便せんは白を使う方がよいでしょう。
柄入りなどの便せんは避けたほうが無難です。


退職願いの書き方はプリントでも手書きでも基本的に一緒ですが、
プリントする場合はA4の紙に縦書きか横書きでプリントします。

ラベル:書き方入門
posted by 書き方入門 at 06:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 退職届けは手書きが良い? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

退職願いを書く前に確認して置く事

退職願いの書き方を考える前に、確認して置くことは退職願いのフォーマットが、会社に用意されていないか確認することです。

会社に退職願いのフォーマットが用意されていれば、わざわざ書き方を考える必要もないですし、プリントアウトであれば、提出するための封筒や便せんを用意必要もありません。

会社としてフォーマットを用意しておくことで、退職願いの書き方や退職理由のチェックなどがなくなり、人事部の仕事が効率的になるからだと思います。
ラベル:書き方入門
posted by 書き方入門 at 06:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 退職する前に・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

辞表を出す人は・・・

辞表と言うのは、会社組織の中で役職がついている人が書くものです。
一般社員は、まず書く事はありません。やはり退職願いが、多いのではないでしょうか。

またドラマや映画のように「バン!」と辞表を叩きつけても直ぐに会社を辞める事は出来ません、法律上2週間以上前と言う期間があるからです。

なお、基本的に、会社側は従業員からの退職願を拒むことはできません。

ラベル:退職届け
posted by 書き方入門 at 03:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 辞表とは言わないの? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

退職願・退職届

退職願いと届けって良く聞きますがどう違うのでしょう。

【退職願い】とは会社側と従業員の合意により労働契約を解約してもらうための申し出の事で、退職願いはお願いと言う段階で

【退職届け】とは会社への最終的な意思表示で退職届けが受理された段階で即退職となっている。実際には即退社と言う事はあまり無い。
posted by 書き方入門 at 02:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 退職願いと退職届けの違いは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月18日

退職する気持ちは固まっていますか?

貴方は本当に会社を辞めてもいいのですか?

少しの迷いもないのなら、直ぐにGOです。

しかし何となく嫌だから辞めるとか、気に入らない上司や先輩が
いると言う事だけで辞めてしまうと後で後悔しますよ。

自分の人生設計を見つめ直してからでも、遅くはありません。

退職の意思が固まったら会社を退職する準備に入りましょう。

【退職したい意思を、上司(会社)に伝える】

通常は1〜3ヶ月前に退職の意思を伝えます。
直属の上司に伝えることになります。

退社日は進めているプロジェクトなどが一段落したあたりが良いでしょう。
その間にもアナタは休みの日などにも転職活動もしなくてはいけません。

【退職届、退職願の提出】

上司が退職を了承し会社側にも承諾を得た時に、退職届、退職願を提出します。
多くの場合、退職理由は自己都合退社なので退職願が一般的です。


【業務の引継ぎ】

退職前の引継ぎはしっかりと行いましょう。
あなたがいなくなって、引継ぎがしっかり行っていない為に、同僚が徹夜で業務の尻拭いをすることなどは無いように心がけて下さい。
posted by 書き方入門 at 03:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 本当に退職していいの? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月17日

退職願いの書き方サンプル

退職願いの書き方ですが、まず一般的に縦書きです。
また、理由を細かく書く必要はありません。「一身上の都合」で大丈夫です。
-----------------------------------------------------------
退職願い

私事、一身上の都合により、きたる平成○○年○○月○○日をもって、退職いたしたく、ここにお願い申し上げます。

平成○○年○○月○○日
営業本部 第三営業部
作成者氏名 印

株式会社第三商事
代表取締役 会社代表者氏名 殿

-----------------------------------------------------------

こんな感じで良いのではないでしょうか。
また、会社ごとにフォーマットがある時は、そちらに従いましょう。

ラベル:書き方
posted by 書き方入門 at 04:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 退職願いのサンプル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。